お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

砂糖の特性を利用して。。。

f:id:bonbonciel1013:20210303085044p:image

先日ご用意した

通信販売の

焼き菓子のセットには

クルミの砂糖菓子を

お入れしていたんですけど

f:id:bonbonciel1013:20210302152152j:image

f:id:bonbonciel1013:20210302152041j:image

実はこのお菓子

製菓理論の甘味料の特性を

たっぷり利用して作られている

お菓子なんです。

砂糖の特性である

"溶解性'

そして

'結晶しやすいという性質'

そして

加熱をすすめると

'カラメル化'

今回のクルミのお菓子は

カラメル化はさせず

その手前の再結晶で

留めているんですけど。

製菓理論の授業がスタートして

甘味料の単元でこの話をすると

なんか

やりたくなっちゃって

作った代物です。

なんて気まぐれなんだ!(笑)

 

専門学校講師時代

砂糖の特性の理解を

深める為に

これを授業に組み込んでいました。

加熱による砂糖の変化を

充分体験してもらえるので

私もこの授業は好きだったなぁ

 

Instagramにアップしたら

こんなコメントもらいました。

f:id:bonbonciel1013:20210302152055j:image

そう

専門学校の時は

アーモンドを使ってました。

懐かしい…。

シロップ作る段階で

結晶作っちゃう班や

再結晶の段階で既に焦がす班や

カラメル化が進み過ぎて真っ黒の

ほろ苦さを遥かに通り越してる

あやしい物体を見事に作り上げる班も。

笑笑笑

 

砂糖を溶かして

冷やして

また火入れする

それだけなのに

ただそれだけの事が

難しかったりするんですよねぇ。

 

ただそれだけの事を

しっかり向き合って作ると

とっても

美味しいお菓子になるという事です。

 

シンプルなお菓子が1番難しくて

いちばん好き。

激しく同意だな。。。