お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

これは真似したい老舗のスタンス

f:id:bonbonciel1013:20210319221912j:image

 

ホワイトディにもらった

虎屋の羊羹

パッケージも可愛らしくて

かなりテンション上がったんですけれど

 

私は銘菓と呼ばれるお菓子が大好き

そして

老舗と呼ばれるお店は

敬意を持っています。

 

そして今回

この

いちごの羊羹で

ますますこの和菓子の老舗と言われる

虎屋さんのかっこよさに

撃ち抜かれました!!!

 

f:id:bonbonciel1013:20210319221924j:image

いちご

ピンク

 

こんな流れで

お菓子もそんなイメージで

仕上げがち

餡だって白餡とか持ってきたくなるんです。

フレーバーとかも使いたくなるし。

 

それが悪いって言ってるのではなくて

 

虎屋さんのパッケージだって

パステルカラーですしね

かわいい❤︎

 

私が

感激したのは

羊羹の老舗である

虎屋さんの

羊羹へのこだわりというか

老舗ならではの

1本筋通してる感じが

めちゃくちゃかっこいいと

思ったわけです。

 

原材料名

砂糖(国内製造)、小豆、いちご抽出物

いちごピューレ、寒天

 

とありました。

 

あくまでもいちごではなくて

こし餡が主役

うちは羊羹で勝負してます!昔からっ!!!

って

そのスタンスを感じちゃったんですよね。

 

こし餡が

美味しい!上品!!!

で、その美味しいのを

殺さない程度にいちごの柔らかい

フルーティさが残るんです。

 

にくいっ!

 

最強のブランド力

 

やっぱり

虎屋

最高!!!

 

自分ブランドで

商品を考えるとき

どうしても周りに流されがち

もちろん売れるアイテムを作り出さなきゃ

いけないわけだから

市場に合わせるのも大事。

でも

ブランドの軸やスタンスは

崩しちゃいけないと思うんですよね。

 

やっぱり

ここのがいい!

って言ってもらえるような

商品作りたいですね!