お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

興味は無いけど嫌いでは無いのだ。

正直に告白すると

私はあまり

人に興味が無いタイプ

ひとりが好きで

自分が大好き

自分が一番!

の人です。

ブランドを立ち上げる前も

フリーランスで仕事していたし

根っからの個人主義

だから

なんでも自分で判断し

そして行動を起こし

自分で責任を取る。

そんな私でも

誰かと話をしたくなる

そんな時があります。

会いたくなるのが

やっぱりひとりで

コツコツ営業してる

ベーグル屋さんの

「くるみいろ」さん

パン工房くるみいろ | 川崎・武蔵新城で天然酵母ベーグルなどを製造販売している小さな小さなパン屋です

 

f:id:bonbonciel1013:20210401233714j:image

 

彼女の作る

ベーグルが大好きでね。

彼女は

私より年下だけど

ひとりでものづくりをしている

同年代として

たのしさも

キツさも

なんか通づることがあって

いつも私の話を

柔らかな物腰で

受け止めてくれている

そして

私より社会的に

めちゃくちゃちゃんとしてるんで

彼女に会うと

ちゃんとしなきゃって

気づかされる事も多い。

 

f:id:bonbonciel1013:20210401233722j:image

本当に久しぶりに

お店に行って

お客様が途切れるまで

しばらく道の向こうで

待っていたのだけれど

一向に途切れる気配が無い。。。

自転車で乗りつける親子さんとか

車を横付けして降りてくる人とか

次から次へと

 

f:id:bonbonciel1013:20210401233803j:image

これでは

いつまでも

会えないな…

 

なので

私も最後尾に並ぶことに。

 

やっと順番が回ってきて

「え!ボンボンさーん♪」

そう言って

迎えてくれたんだけど

既に私の後ろに人が。。。

「カーブスでトレーニングした帰り」

とおっしゃる

背筋のピンとしたスタイルも抜群の

絶対どこからどう見ても80代には

見えない素敵なご婦人に

順番を譲って。

このご婦人も常連のお客様のよう。

そのあと

ちょっと落ち着いたようなので

私も

ベーグルを選びながら

久しぶりに話に

夢中になってたら

また後ろに新たなお客様が

お待ちなのに気つかず!

「申し訳ありません!」

「いいのよ。たのしそうに

話してたから」

と、こちらも

また違うタイプの素敵なご婦人。

 

私はお店をお休みしているので

こんな風に

お客様と接するのは

久しぶり

(私のお店じゃないけど(笑))

そう言った意味でも

ほんの短い間だけど

行けてよかったなあ

久しぶりに

くるみいろベーグル堪能出来たし。

 

私は

人に興味は無いけど

人が嫌いでは無い。

そこは

勘違いされぬよう。。。

じゃなきゃ

やって無いよね

この仕事(笑笑笑)