焼き菓子店 ボンボンシエルの「製菓理論」講座

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

‘おかわりっ!’うれしい(^_^)

「こんにちはぁ〜」

我がボンボンショップにいらしてくださるお客様はこうやって声をかけて入ってきてくださるんです(^_^)
 
今日も「お久しぶりですう」とパパとママと小さなお子さん(カッコいい卵型のバギーに乗ってる!)
でも………
「大きくなってるっ!」
「^_^」
「およそのお家のお子さんはほんとに大きくなるの早いですよねぇ」
 
{F00BA61E-1CC6-4939-B9F3-8B0D876BAB2E}

端切れなんですけどご試食どうぞと…
 
以前はまだちっちゃくてお菓子食べられなかったんだけどパウンドあたりなら…
 
がっ!!
 
今日用意できたの苦めのキャラメルパウンドなんだよなぁ大丈夫かなぁ
 
とりあえずモグモグしてくれました。
 
ちょっと大人の感じなんだけど…
ありゃ、ちょっと変な顔してるぞ
「ごめんね。大人の味で」
ママが
「大丈夫、ダメなら口から出すから(^_^)」
 
そう?
 
お買い上げのお品物を包むのにちょっとお店を離れたんですけど…
そしたら聞こえたかわいい声が
 
「おかわり!!!」
 
いけたかっ!(笑)よしっ!٩( ᐛ )و
 
おかわりかぁ
おんなじのもなんなのでちょうど仕上げ前のクッキーがあったのでそちらで…
でもそっちもキャラメル(^^;;
 
ちっちゃい子に食べてもらうのたのしい。
 
ボンボン・シエルの商品はいたって普通で特別なことはしてないんです。
「うちのお菓子、普通なんです。」
まあこれがコンセプトみたいなものなので(^_^)
ヘルシーとか身体に優しいとかそういうタイプでも無いんです。普通にしっかり甘いし(^_^)アレルギー対応もしていません(そういう工房体制では無いので)。ただ普通なだけに原材料がわかりやすいという点では小さなお子さんにも食べてもらいやすいかな。
 
素直なちびっこが素直に食べてくれておかわりって言ってくれたのは、ほんとにうれしいですね。
 
実はうちの正式な屋号
「ボンボン・シエル〜そらのおやつ〜」
なんですけど
 
もっと本当の意味は
「そらちゃんの為のおやつ」
なんですよ(^_^)ふふふ