焼き菓子店 ボンボンシエルの「製菓理論」講座

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

迷いの原因

オリジナルラッピングをする際、実はあまり迷わない方だと思います。

お菓子屋さんになる前はディスプレイデコレーターという"飾る"仕事をしてた事もあって、セレクトしたものをその場で瞬時に飾って仕上げる感覚というのがなんとなく身に付いているのだと思うのですが…
今回のバレンタイン用にご用意したアマンドショコラのラッピングはちょっと迷いました(^_^;)
いろいろやってみて決めた感じです。こういう事めずらしいんですよね…
 
はじめはこれ
{302B80F7-8A02-46AD-803C-40FE04AA6C3F}
以前からお手軽なフラワーアレンジメントの袋を提案していてそれに入れてみたんです。
これはこれでいいと思うんですけど…これだと販売する単価がかなり上がってしまうんですね。
 
迷いの原因です(^_^;)
 
やっぱり商品作りって購買意欲がどう働くのかも考えないといけないので。
高すぎてもダメ、かといって安くすればいいってわけでもない。特にギフトの場合…自己需要ではないわけですから。
 
グッとシンプルにこんなのもやってみたけれど。。。むむむ
 
{459A0156-445B-448E-AC30-1BF5A7B8E1B9}
 
結局はこちらになりました!
{281DF9E2-F070-4B90-8F5F-6167DBCE988F}
 
ちょっぴり華やかに…贈る相手にも自分自身にも喜んでもらえるようなイメージです。
 
我がボンボン・シエル…ラッピングにもうちらしさってかなり大事に考えていて色遣いや組み合わせ微妙にひとつひとつ変えています。
こういう細かい作業もひとり営業だからできる事なのかもしれません。製造量をコントロールしてますから余裕を持ってひとつひとつの商品作りに時間かけています。
 
その分販売価格の設定が難しくて悩みどころそして課題→迷いの原因(笑)
 
でもとりあえず商品は出来上がりましたのでもう迷わず販売いたしますっ!
 
みなさんに素敵なバレンタインが迎えられますように❤︎