やっとやりたかった事が

製菓学校での非常勤講師を辞めてから本格的に個人授業に近い形で「教える」という事をして来ている訳ですけど、始めた頃はただただお菓子を上手に作るには理論的に理解しましょうというスタンスだったと思います。 でも、我がボンボンシエルに興味を持って来…

バター生地のアレンジ。基本配合の変更例を焼いてみたところ...その2

今回はこちらのアレンジを実際焼いてみました。 アルコール類、牛乳等の水分を加える。液体100gを足したい場合、小麦粉 125gをさらに足し、小麦粉の全重量の2/3量の砂糖を追加する。この時全卵+液体の量を超えない事。 つまり四同割り配合からなら …

バター生地のアレンジ。基本配合の変更を実際焼いてみたところ...

以前のブログでご紹介したこちらの配合.... 実際、焼成してみました。 四同割り基本配合比率は 卵:バター:砂糖:小麦粉=1:1:1:1 ですが配合比率は 卵:バター:砂糖:小麦粉=1:0.6:0.6:0.6 ここまでの範囲で動かす事が可能です。 つまり バタ…

‘らしさ’を感じるお菓子づくり

ボンボンシエルでは自分のオリジナルお菓子ブランドを立ち上げるサポートも行っています。 https://www.lebonbondeciel.com/school メンバーの中には日々日々忙しい生活をしつつ、お菓子の試行錯誤を重ね、自分のブランド立ち上げを目指しています。 彼女は…

バター生地のアレンジ。基本配合の変更例。

以前のブログでフルーツパウンドケーキに混ぜ込むフルーツの量についてご紹介した事があるんですが ↓こちらです。 www.bonbonciel.work カトルカールのバリエーションは「ココア 」もおいしいですよね。 ただ、 このココアもココアパウダーの配合量によって…

お問い合わせ先

ご相談、疑問点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。以下のURLをクリックすると、お問い合わせフォームにリンクします。 www.lebonbondeciel.com

このブログについて....自分のブランドで働くと言う事を伝えたい。

思い切って自分のお菓子のブランド「ボンボンシエル」を立ち上げて約10年弱 立ち上げた時は、何となくの思いつきと勢いとタイミングで始めたけれど 今はしっかりと我がボンボンシエルはこうであるというブランド力みたいなものが出来上がってそれを軸に活…