ナッツ類…ローストの加減。

基本、ナッツ類はローストして使うべしと考えていて、私はナッツ類全部ローストしてから使ってます。


ナッツ→香ばしい→ロースト→美味しい

単純な思考です(^_^*)

実はアーモンドパウダーもクレーム・ダ・マンド(アーモンドクリーム)の仕込みの際、軽くローストしてます(^_^)

以前、「軽く」ローストの意味がわからないと質問を受けた事があります。

「軽く」というのは焼き菓子の場合ナッツを生地に混ぜ込んだり、上に散らしたりして再び火入れされる事を見越して「軽く」と言っていると思います。ですから作るお菓子によって加減を変えなきゃいけない訳ですよね。

生地の中に入れるのならば直接火が当たるわけでは無いので「軽く」の強め。

上に散らすなら「軽く」の弱め。

{733C2316-E3FE-46FB-9C6E-45120C7D2D5A}

ちなみに私のロースト目安はナッツ自体が素手で触って熱いと感じ、遠くに香りが立ってきたなぁと感じる程度。

高い庫内温度だと周りが先に焦げてしまうので朝、窯をつけて庫内温度が上がっていく工程を見計らってローストしてます。


ローストの加減…これによって焼き菓子の風味も違ってくると思います。
自分好みのロースト加減をみつけてみて下さいね(^_^)









製菓理論講座 随時受付中!◇




「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」
 そんな方々に向けて、講座を開講しています。


 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」


私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。
お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、
個人の相談にものっています。

お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?



 ご相談・ご連絡はこちらから!

※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、
どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!

詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!
ホームページはこちらをクリック!
※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。



【お客様からの感想】


魅力は、試験のためではない作り手にとって
本当に必要なポイントを学ぶことができること、
お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと

 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。
(T.Mさま)


分かりやすく噛み砕いて、
 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を
重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます

(R.Mさま)


理論を知ると、同じ生地を作るにも、
気に入った状態に持っていくのに
ブレが少なくなった気がします。

(Y.Hさま)


理論が解ってくると、
失敗の原因も解るようになり、
どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました

(A.Sさま)





ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!

詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!
ホームページはこちらをクリック!