フルーツのパーセンテージ

カトルカール又の名をパウンドケーキ。

今回はフルーツケーキにしました。
{E9A77077-496A-49B8-BD69-CB56E2620F3D}

{04BC7CC3-70C3-464B-9262-90B91A7FBBB3}
焼成後粗熱が取れてまだ温かいうちに私はピッチリラップしてそのまま冷まします。こうすることで蒸気がこもってしっとり仕上がるかと(^_^)
 
さて、気になるのがどれくらい漬け込みフルーツを混ぜこむものか…いろいろタイプがありますものね、ぎっしり詰まったものや下の方に沈ませて2層のようになっているもの…フルーツの混ぜ方や量で味や食感が変化します。
 
私が作るカトルカールは‘ THE4同割り’(4つの材料→油脂、砂糖、全卵、粉が全部同量で作るバターケーキ)ですので微妙に毎回出来上がりの量が違います。フルーツの量は出来上がり生地量の20%と決めています。
つまり、出来上がった生地の量が200gだとしたらフルーツは40g加える。となるわけです。
 
 
20%のフルーツの量はこのくらい
{79C54352-E2C0-4483-8EF7-F71D47FF468A}
私はカトルカール自体の生地も好きなのでこのくらいのフルーツと生地のバランスが良いと思っています。フルーツが生地を邪魔しない程度かな(^_^)
 
ただなんとなく感覚で混ぜこむ量を調整するのでは無く、生地量に対するパーセンテージを決めると配合も安定するし自分のレシピに近づくと思います。「%」って難しいと思いがちですけどただ総重量測ってその10%から調整すればいいので(^_^)意外と簡単なんですよ。
 
 
自分の混ぜ込み量が決まればもうそれだけでオリジナルレシピの完成ですよね(^_^)ぜひお試しを。
 
 


 
 
 
 









製菓理論講座 随時受付中!◇









「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」

 そんな方々に向けて、講座を開講しています。





 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」





私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。

お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、

個人の相談にものっています。



お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?







 ご相談・ご連絡はこちらから!



※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、

どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!



詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!

※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。







【お客様からの感想】





魅力は、試験のためではない作り手にとって

本当に必要なポイントを学ぶことができること、

お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと


 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。

(T.Mさま)





分かりやすく噛み砕いて、

 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を

重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます


(R.Mさま)





理論を知ると、同じ生地を作るにも、

気に入った状態に持っていくのに

ブレが少なくなった気がします。


(Y.Hさま)





理論が解ってくると、

失敗の原因も解るようになり、

どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました


(A.Sさま)











ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!



詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!

ホームページはこちらをクリック!