焼き菓子店 ボンボンシエルの「製菓理論」講座

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

共通する何か=わたしらしさ

今日は実技理論の授業。
 
「バター生地」についてでした。
 
お菓子作りに興味がある方は聞いた事があるのではないかと思いますが
 バター生地(バターケーキの方がわかりやすいかな代表的なものがパウンドケーキ)作りは製法によって分類されたりもします。
 
シュガーバッター法(砂糖と油脂から)
フラワーバッター法(粉と油脂から)
オールインミックス法(はじめから全部)
 
 
{8685B8E7-6535-4432-BD1C-826466B9F7FA}

そんな製法の勉強をしつつ、話はシュトーレンに

…今日の勉強とはちょっと違うんですけどね(^^;;シュトーレンは発酵菓子だし。
{CF2ED8BB-8EB0-4129-B154-8711770851ED}
で、うちのシュトーレンをご試食してもらって(^_^)
 
彼女は以前からうちのスコーンも食べてくれていて
 
「先生のところのスコーン他のと違うっ!なんか違うっ!初めて食べる味(^_^)」
と気に入ってくれているのですが、今日シュトーレンを食べてくれて
 
「このシュトーレンのしっとり感!先生のスコーンと共通する何かがあるっ!」
 
「え?あらそうですか…やっぱり作り手が同じだと違うお菓子でもそうなるんですかねぇ…」
 
共通する何か=わたしらしさ
 
を感じてくれたのかな。
 
だとしたら嬉しいし、私自身では感じられない事なのでこういう意見はほんとに貴重なんです。有難いですね。教える立場なのにいつも皆さんにいろんな事を気づかせてもらって(^_^)
 
生徒さんとは基本的にお菓子の話しかしませんからちょっと今日の授業内容とズレたとしてもそれはそれで。。。(^_^)
 
 
{B174BCEB-977A-4D88-AA05-64B247465833}
そして、今日彼女が
「今、ディアマンにはまって焼いてるんです」
と言っていたのを思い出してディアマンつまみながらこうしてブログを書いてます。
 
…すぐ影響される(^^;;
 
今日もたのしい授業だったなぁ