お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

最新動画「三角スコーン」

f:id:bonbonciel1013:20200813123630j:image

【おうちで簡単おやつレシピ】
♪アレンジしやすい♪
ザ・シンプル
「フライパンで三角スコーン」

お菓子のプロフェッショナルである“製菓理論の先生”が考える
究極にシンプルでしかも美味しい
基本のレシピ「THE SIMPLE」シリーズ!
'自分アレンジ'もしやすいレシピです。
このレシピを基に自分レシピをどんどん作ってみて!


今回は「三角スコーン」フライパンで焼きます!
オーブンが無くても美味しいスコーン焼いちゃいましょう!
ポイントは火加減…火がダイレクトに生地にあたるので、やさしく火入れしていきます。



【おうちで簡単おやつレシピ】♪アレンジしやすい♪ザ・シンプル「フライパンで三角スコーン」♫

 

こちらのblogをいつも

読んでくださってる'お菓子人'の方々には

あんまり響かないかもしれないんですけどね

今回の動画は(笑)

ただ、YouTubeって

本当にいろんな方が見てるので

オーブン持って無いんですって意見も

あったりするわけなので。

 

でも同じ配合で同じように仕込んでも

火入れの仕方で仕上がりが違ってくる

という事も経験しておくと良いかとも

思います。

フライパンは下火のみの直火ですから

ざっくり言ってしまうと下からしか

火が入らない。

オーブンは庫内温度を全体的に上げて

火入れしていくので

もちろん下からも上からも横からも

生地に向かって火入れしています。

そうすると生地の

'糊化'(ちょっと理論的に(笑))の状態になる

スピードも違ってくるわけです。

そんな違い…。

 

今回はフライパンでオーブンの機能に限りなく近づけるイメージ。なので絶対に蓋は必要です。ダイレクトにあたる火をやわらかいあたりにするためにベーキングペーパーを重ねて使っています。

火が強いと表面が先に焦げて中が生焼け

になりやすいのでとにかく弱火。

 

窯とフライパンの違い

気になった方はぜひ焼いてみて下さい。

「焼く。」についても掘り下げると

これはこれでたのしいです。

 

実は「焼く」の単元もあったりします(笑)

製菓理論オンライン20 詳細 | お菓子の学習塾そして焼き菓子店のblog