製菓理論専門家のお菓子よもやま話。

製菓理論の専門家がお菓子の話をのんびり綴ります。

屋号を決めるという事

f:id:bonbonciel1013:20200912002047j:image

ボンボン製菓理論オンライン20

の講座では

単に理論だけでは無く

その人の自分ブランド立ち上げの

準備をしていくという事も含まれています。

もう屋号が決まっている方もいらっしゃいます。が、いない方も…。

悩みどころですよね。

ずっとついてまわるわけですから…。

 

自分のイニシャルを使うという人……

お子さんの名前を使うという人……

お菓子の名前を使うという人……

 

 

まあ

自分がいいと思ったものがいちばん

だとは思いますが

その屋号には

ストーリーがあった方がいいと思います。

ま、ストーリーがあったからその名前に

なった。って事なんですけど(笑)

でも

必ず聞かれるから

 

「どうしてその名前にしたんですか?」

って。

 

その時に答えるストーリーが

自分のブランド力を上げたりするので

 

「へー!だからその名前にしたんですねっ!

素敵っ!」

って思ってもらえるような内容だといいですよね。特別なものではなくて、身近なもので構わないので。

「ただなんとなく…」

なんて答えは絶対ダメ(笑)

それだけでブランド力だだ下がりです。

 

パッと閃いた!

っていうのもありですけど

どんなシチュエーションで閃いたのかは

言えるようにしておくべき。

 

ブランド名を覚えてもらう為の

ネタはあればあるほどいいですから。

 

今日の生徒さんはまだ

屋号が決まっていなくて

「なんとなく…」の状態。

生徒さんの話を聞きながら

キーワードを引き出す作業を

していたんですけど

なんとなくって言ってる割には

いろんなストーリーお待ちなんですよね(笑)

とりあえず

次回までにそれらをまとめてもらう

宿題を出しました。

あんまり宿題出すの好きじゃないけど

こればかりはご自分で決めてもらわないと

いけないですからね。

私はヒントを引き出すまで。

でもきっと彼女らしい

ブランド名になると思います。

 

 

自分ブランドを立ち上げる為に

必要な事もたくさん詰まった

製菓理論オンライン20

受講生募集中です。

詳しくはこちらから↓

製菓理論オンライン20 詳細 | お菓子の学習塾そして焼き菓子店のblog