お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

いつもあるもの。

f:id:bonbonciel1013:20201005085838j:image

今ボンボンショップに

定番でご用意しているクッキーは

全部で5種類…

ディアマンが4種と

スノーボール。

 

f:id:bonbonciel1013:20201005090100j:image

f:id:bonbonciel1013:20201005090116j:image
f:id:bonbonciel1013:20201005090159j:image
f:id:bonbonciel1013:20201005090155j:image

だいたいこれで落ち着いていて

仕込み焼き込みを繰り返しています。

だから

'定番'に(笑)

 

いちばんはじめにお店を

始める時は

「お客様のご希望でお菓子を作ります」

みたいな事をうたってたりしました。

でもこれは失敗……。

お客様発信の方が喜んでいただけると

思ってたんですけど

それを考える時間や手間はお客様に対して

負担になるだけ…。

「ここに来れば'あれが'あるから」

って何も考えずに'いつものやつ'を用意すること

も大事なんだなと。

クッキー類は自己需要だけでは無くて

ギフトでもよくご利用いただくように

なりました。

「これ、買いに来たの。

ちょっと差し上げたくて」

 

この

'ちょっと差し上げる'

気軽に使っていただける感じが

実は私がギフト商品で

やりたかった事でもあって、

「あ、あそこに行けば、ちょうどいいのがあるわ」

って感じに覚えていただけてるのが嬉しい。

 

今、ディアマンの定番を

もう1種類増やそうとも思っています。

いつもあるやつ……

定番の王道でピン!とくるもの…

これがなかなか…

自分の中でありそうで見つからない(笑)