お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

栗とお芋と林檎そしてかぼちゃ

f:id:bonbonciel1013:20201006032659j:image

さつまいも

林檎

この時期にグッと美味しくなって

そして

秋のお菓子のラインナップとして

降臨してくる

この3つ。

いいですよねー。

 

この間の

オンラインの授業で

'生地に何かプラスする時の水分量の調整'

の話をしていたんですけど

この水分量というのが

全卵だったり、バターに含まれている水分だったりそして具材としてプラスするそのものに

含まれている水分だったり…

この'水分'というのが

かなり生地状態に影響するから

そのあたりの調整をしっかりしないと

安定した生地になりにくい…

そんな話…。

 

栗もさつまいもも林檎も

そのあたりの水分量の調整が

どちらかというとやりやすい方な気がします。

だから

焼き菓子が恋しくなるこの季節に

ぴったりな食材なのかも…。

 

モンブラン

スィートポテト

アップルパイ

秋の王道…

 

ここでかぼちゃの話

かぼちゃは特に品種によって水分の差が

だいぶありますよね。

下ごしらえの仕方でだいぶ変わります。

以前のblogでそんなところご紹介してます。

 

www.bonbonciel.work

 

参考まで。

 

 

 

お菓子の'気になる'を解決

そんな製菓理論オンライン20

詳細はこちらを

↓↓↓↓↓

製菓理論オンライン20 詳細 | お菓子の学習塾そして焼き菓子店のblog