お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

クッキーは無限だ!

f:id:bonbonciel1013:20210208235501j:image

 

手作りのお菓子の

代表選手として

クッキーが

あると思うんですけど

クッキーって

自分の気に入った

生地を見つけたら

その生地に

また

お気に入りの材料を

混ぜ込むだけで

無限に広がりますよね!

たのしいっ!

 

アレンジの効きやすい

クッキー生地を見つけるにあたり

なるべく

水分の配合が少ないものを選ぶと

良いと思います。

つまり

全卵とか卵白とか牛乳とかが

入って無い生地だと

生地だけを作っておいて

後から

何か混ぜても生地自体の

食感への影響が少ないから。

粉と水分の関係。。。

 

参考までに

水分の'あまり'入っていない

レシピのせておきます。

チョコをたっぷり混ぜるだけでも

バレンタイン仕様に!

 

何故

'あまり'ってなってるかというと

水分はバターにも入っているので

'まったく'入っていないわけでは

無いからです。

ここ、ちょっと製菓理論。ふふふ。

 

<プレーンクッキー生地>

無塩バター 50g

砂糖    18g

塩     適宜 

薄力粉   65g

 

画像は

水分の少ない配合の

プレーンのクッキー生地に

クーベルチュールのチョコレートと

ローストしたクルミを

適当に刻んで混ぜ込み焼いたもの。

混ぜ物の量はお好みで。

クッキーって

ちょっと食べたい

って時かなり無いですか?

 

私だけかな?(笑)

 

自分レシピを見つけて

クッキー無限にたのしんで下さい!