お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

小さなお子さんにも

f:id:bonbonciel1013:20210209225843j:image

先日

通信販売でのスコーンを

ご注文いただいたお客様から

「1歳の子に食べさせたいのだけれど

蜂蜜は使っていますか?」

とお問い合わせが。。。

我がボンボンシエルのスコーンの

配合はこれまたシンプルそのもの。

小さなお子さんもかなり

よろこんで食べてくれていると

おかあさん方からうれしいご報告を

してもらったりしていたので

原材料をお伝えして

蜂蜜は使っておりませんと。

 

それで

思い出したんですけど

まだお子さんがお腹に

いる時、うちのスコーンを好んで

召し上がっていた方が

無事お母さんになって

また、お子さん共々

ご来店してくださった時

「この子ここのスコーンは

すごく好きみたいで、

ほんとによく食べるんです(笑)

お腹の中にいた時から

知ってるからかな」

って言ってもらえて

 

こういうの

ほんとにすごく

うれしい!

 

実は

うちの屋号

ボンボンシエル

〜そらのおやつ〜

というのは

〜そらちゃんの為のおやつ〜

からきてるので

小さなお子さんが

よろこんで食べてくれている様子を

うかがえると

ニヤニヤしちゃいます。

 

うちのお菓子は

ほんとにわかりやすい配合なので

お子さん向けでもあると思います。

 

ちなみに

スコーンは。。。

薄力粉

ベーキングパウダー

砂糖

乳製品

鶏卵

これらで構成されています。

 

冒頭のお客様は

手作りのジャムを添えて

お子さんも一緒に召し上がって

くださったそう!

 

シンプルな配合

お客様ご自身のたのしみ方で

召し上がっていただけたらと

思ってます。