お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

シフォン型、このサイズを選んだ訳。

そういえば

しばらく型を買うって事を

していなかったなぁと…。

お店のラインナップも

そこそこ落ち着いているので

今あるもので充分足りているし

一度買ってしまえぼ型なんて

よほどのことが無い限りは

そうそう壊れるものでもありませんから。

 

でも最近

益々シフォンについて聞かれる事が

ほんとに増えて、年末年始にぶつけて

シフォンに特化した2DAYS授業も開催したんですけど。

型がね。我が工房にあるのが

20cmと10cmだけ

本当の

大と小  (笑)

別にこの型でも授業はできちゃうんですけど

でも通常みなさんが使っているのは

17cmが殆どのようで

やっぱりみんなが持ってるやつが

あった方がいいよなぁ……

なんてぼんやり考えてはいたのです。

 

実は

来月にまた

シフォンに特化した2DAYS授業をしようと

考えていて、型、買う事にしました。

 

f:id:bonbonciel1013:20200214175606j:image

 

型を選ぶ際に

私がまず考えたのが

'授業的に作りやすい配合'

なんですよね。

どう言う事かと言うと

 

生徒さんが扱いやすい卵の量という事。

 

卵1個だけで仕込むのって

やりづらいですよね。

逆に5個とか6個とかだと大変だし。

 

'混ぜやすい'

'立てやすい'

卵の量って

大体3個ぐらいだと思うんです。

 

ま、だから17cmでもOKなんですけど

授業の場合

焼成から冷まして型抜きまで

1日で終わらせなきゃいけない場合もある訳で。

そうなると

火の入りも比較的早い方がありがたいし

もちろん早く冷めて欲しい。

 

で、私が今回購入を決めたのが

卵3個が分量の目安である

'トール14cmのシフォン型'

 

f:id:bonbonciel1013:20200214175602j:image
f:id:bonbonciel1013:20200214175555j:image

卵3個でこのくらいのボリューム感。

大体焼成時間もうちの工房の窯で20分前後。

授業構成するにもやりやすそうな

焼成時間です。

授業の中でどんなふうに

タイムスケジュールを組むかで

生徒さんの理解度とか満足度が

違ってくるので

どの型の大きさを使うかも

大事なポイントなんですよね。

 

新しいシフォン型で

どんな授業になるかたのしみですっ!