お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

シートなのか、ペーパーなのか。

f:id:bonbonciel1013:20200529155511j:image

ベーキングペーパーやベーキングシート

どんなものがいいのかわからない

という質問を頂きました。

これは

単純に使いやすいと感じる物で

いいのだと思いますが

それでは答えになっていないかと思うので(笑)

一番一般の方にも

使いやすいだろうな

と思うのはのは

繰り返し使用できるベーキングシート

ですかね。

画像の

茶色いやつです。

で、

これをより使いやすくする工夫というか

私としては必ずやった方がいいと思うのは

 

‘使っている天板や型の大きさに合わせてカットしておく‘

 

ということ。

 

パウンド型なんかは

型のサイズに合わせて切り込みを入れておくだけですから

簡単です。

 

ペーパーをいちいちセットする手間が全然違います。

この一手間が無いだけで

やる気になるスイッチの入り方が違うと思うんですよね。

 

天板の大きさに合わせてカットできるのも嬉しい。

フラットに敷き込めて歪まない。

 

良いことづくめですね(笑)

ただ

もちろん使ったら

‘洗う‘

という作業があります。

 

その作業が手間だなと感じる方は

ペーパーの方です。

 

でもこちらも使う型や天板に合わせてカットすることは

必須ですけど。。。