お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

そろそろ始動ですね。

先延ばしにされていた

工房のレンタル…

ギャラリー販売にむけて

シュミレーションをしに来た彼女は

小さな身体に

巨大な荷物を持って登場。

 

「先生今日はよろしくお願いします!」

「………暑いっすよ(笑)」

 

首が回らない壊れかけの扇風機を

なんとか用意してあげたけど…

(酷いなまったく…)

「水分補給はしっかりとって下さいね」

 

彼女はうちでずっと

勉強してた人だから

工房の様子は知ってはいるけど

ひとりでガッツリ作り込むのは

初めて。

 

使い慣れているという理由で

ゴムベラまで持参。

パウンド型も。

うちの工房レンタルする皆さんは

みんなそうなんだよな。

だからすっごい荷物(笑)

暑い中大変だったろうに。

 

そして

もくもくと作り始めてました。

私は口も手も出さないので。

本当に、黙々と。。。

途中チラリと写真だけ撮らせてもらいました。

何作ってるのかな。

いい匂いはずっと充満。

f:id:bonbonciel1013:20200605160725j:image
f:id:bonbonciel1013:20200605160748j:image
f:id:bonbonciel1013:20200605160806j:image
f:id:bonbonciel1013:20200605160705j:image
f:id:bonbonciel1013:20200605160756j:image
f:id:bonbonciel1013:20200605160716j:image
f:id:bonbonciel1013:20200605160820j:image
f:id:bonbonciel1013:20200605160737j:image
f:id:bonbonciel1013:20200605160813j:image

ひととおり済んだところで

「大丈夫?暑かったでしょ?」

「先生、ぜんぜんこれくらいなら私大丈夫。

平気!私汗かかないし(笑)」

「うへーーー!女優じゃーーーん(笑)」

 

今回は

焼き込みの量と時間配分や

自分のルセットで窯を回す事

そんな感じを確認してたみたいです。

ひとりでどれくらい作れて

どんな感じに焼き上がるか。

 

うちで勉強した生徒さんに

自分ブランドを立ち上げる

リアルなシュミレーションをしてもらう

ボンボンシエル独自のシステム。

いよいよ再び動き出しました。

 

ちなみに

彼女は白衣でスイッチが入るタイプだそう

エプロンじゃ無くて

白衣で焼き込みしてましたよ。

 

 

f:id:bonbonciel1013:20200605161225j:image

そんな彼女のブランドは

可愛い黒猫がアイコン❤︎

Socca(ソッカ)さん

 

7月5日(日)

ボンボンギャラリーでイベント販売予定です。