お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

ボンボンシエルチャンネル最新動画「チョコレートスコーン」アップしました

 

f:id:bonbonciel1013:20200606092612j:image

 

【おうちで簡単おやつレシピ】

ザ・シンプル

「チョコレートスコーン」

♫チョコたっぷりのスコーン

 


お菓子のプロフェッショナルである

“製菓理論の先生”が考える

究極にシンプルでしかも美味しい

基本のレシピ「THE SIMPLE」シリーズ!

 


今回は「チョコレートスコーン」

‘スコーンの生地にどのタイミングで

チョコチップを入れたら良いの?‘

と質問を頂きましたので、それにお応え!

チョコレートがダイレクトに火に当たらないように

工夫したやり方です。チョコが焦げずに

美味しく食べられます。

同じようにレーズンなどにも応用できます。

 

 


【おうちで簡単おやつレシピ】 ザ・シンプル 「チョコレートスコーン」 ♫チョコたっぷりのスコーン

 

 

❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎

 

今回の動画は

上記にもありますけれど

スコーンにチョコを入れる

タイミングを教えて!

という事で。

もちろん生地を仕込む工程で

混ぜ込むのもありですが

私は動画にも紹介している

生地にサンドしていくやり方

がおススメ。

こうすると

チョコレートに直接火が当たる事が

軽減されてチョコが焦げる事が無いので。

焦がしたチョコもそれはそれで…

という意見ももちろんあると思いますけど。

いろいろあっていいのがお菓子の楽しさでもありますから。

ただ

製菓理論の先生からすると

チョコは温度管理!

直火にかけるなんてとんでもない話なのよ!

なんて日々言ってるわけなので

そこはね(笑)

理論を知るとこういう

ちょっとしたところにこだわりたく

なっちゃうんですな…。

 

こちらの配合もかなり作りやすいものに

なっています。

チョコレート好き、

そしてスコーン好きの方には

特にぜひ作って見て欲しいです。