お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

オレンジと砂糖の浸透圧

f:id:bonbonciel1013:20210212083057j:image

ギフトボックスって

いいですよねぇ〜!

開けるのもワクワクするし

いろいろ楽しめて

ほんと素敵!

こちらは

八ヶ岳の

アルマガーデンドッグスさんのもの。。。

https://instagram.com/arumagardendogs?igshid=5cxup5lowk9e

毎度お馴染み

こちらも丁寧な仕事ぶり

特に

私のお気に入りは

やっぱりオランジェットかなぁ

このコンフィ自家製。。。

チョコレート無しでも

食べたいくらい(笑)

ご存知の方も

いるかも知れませんけど

このオレンジの砂糖漬け

ここまで柔らかく

美味しく仕上げるには

何日も何日も少しずつ

漬け込んである

シロップの糖度を上げながら

じっくり仕上げて行く

とてもコツコツと

手間のかかる作業を続けて

出来上がるものなんです。

水分が溶液の薄いものから濃いものに

移行する作用、つまり砂糖の浸透圧を

利用して作るんですね。

だから少しずつ

溶液を濃くしていかないといけなくて

始めから濃い溶液に漬けると

水分がいっぺんに外に出てしまって

カチカチのコンフィになって

しまうんですよね。

手間かけた分美味しくなる

もののひとつです。

そのシロップの漬け込み具合で

オレンジの柔らかさ、食感も

変わります。

こちらのオランジェット

最高のバランスでした!!!

ちょっと早い

バレンタイン堪能させて頂きました!