お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

経験値からの生地感覚を信じよう

なんとなく
思いついて
なんとなく
作りたくなる時が
あるんですけど。。。

f:id:bonbonciel1013:20210323201617j:image
ま、そういう時は
大抵
中途半端に材料が残ってたり
する事がきっかけだったり
します。

今回はオートミールかな


あと
最近、受講生さんが
米粉使うとか
ヴィーガンスイーツとか
そっちの人もいるので
私は
すぐ影響される人なので
米粉使ったりしました(笑)

 

手探りで配合とって
生地を触りながら
こんな感じね。。。
ってまとめていく。


生地感で
あーショートブレットかな


なので
型をゴソゴソ用意する
(後付け(笑))

 

f:id:bonbonciel1013:20210323201634j:image

 

オートミール
米粉
太白胡麻油と
ちょっと
つなぎが悪い組み合わせなので
カットできるか

不安だったけど
出来ましたねぇ
普通に(笑)

ただかなりホロホロしてるんで
慎重にカット。

 

f:id:bonbonciel1013:20210323201652j:image

 

こういった
崩れやすい生地は
ラッピングも
袋よりこちらの方が
綺麗に上がります。
シートを広げて召し上がって
いただいた方が
クッキー屑を片付けやすいし。


そう!
あの!
信玄餅仕様(笑笑笑)

 

日常的に作ってると
その生地感を
触って捉える事ができるので
こんな風に
ゆる〜く
作る事もたのしめます。

 

ご自身が感じる
生地感。
しっかり
感覚的に身につけてみて!