マドレーヌのコブは「時間差」で

先日のワークショップの参加者さんからの質問にお応えして

マドレーヌのコブの作り方をアップします
 
{6A117E1B-8C4B-4961-87A1-A5558DB65C8E}

上→マドレーヌのこぶわざと作ったもの

下→作らないように焼き上げたもの

 

簡単に説明しますね。

 

それは

「時間差」です。

 

「温度差」でもいいかな。

 

型に流した生地の周りの部分と中心部分の火入れに「時間差」を作ってあげればいいという事です。つまり、周りだけまず火が入り真ん中が生焼けの状態になるようにコントロールして、生地の周りを先に焼き上げ真ん中の生焼けの生地の逃げ場を上にしかいけないようにします。上にしかいけないので自然にこぶが出来るという訳です。

 

具体的にどうコントロールすればいいかというと

 

○オーブンの温度をまず高温に設定し、生地の状態(中心がまだ生焼け)をみて低温に落としてして焼き上げる。

 

○仕込んだマドレーヌ生地を冷やし、冷たい状態でオーブンに入れる。生地に火が入る時間差を生地温度でコントロールする。

 

他にもやり方はいろいろあると思いますがようは火入れをコントロールすればいいだけですね。ただきれいにコブを作るには型に入れる容量やタイミングも関わってくるのでご自分の配合やオーブンのくせなど把握する必要があるかもしれません。

 

マドレーヌをよく焼くのにコブが出来たり出来なかったり。。。???

同じように作ってるつもりなのになぜ?と感じられている方もいらっしゃるのでは?

それは生地の温度やオーブンの庫内温度の違いで反応が微妙に変化するからなんです。特にマドレーヌ型は深さがありませんから火入れの反応がはやいほうなんです。

 

一度釜入れしたら生地が焼き上がっていく様子をじ〜〜〜〜っと最初から最後まで見てみるのも面白いですよ。

 
 
 
 
 
 



製菓理論講座 随時受付中!◇




「お菓子作りが好き」「自分のお菓子ブランドを持ちたい!」
 そんな方々に向けて、講座を開講しています。


 「理論を知ってて作るのと、知らないで作るのでは全然違う」


私が今までお菓子に携わってきて、本当に実感していることです。
お菓子のベースとなる理論に関することはもちろんのこと、
個人の相談にものっています。

お菓子制作のステップアップのために「製菓理論」に向き合ってみませんか?



 ご相談・ご連絡はこちらから!

※最初は簡単なカウンセリング(無料)を行い、
どんなカリキュラムで進めて行くかを決めていきます!

詳細はホームページのカリキュラムをご覧ください!
ホームページはこちらをクリック!
※ワークショップのご案内の下に詳しい製菓理論のご案内があります。



【お客様からの感想】


魅力は、試験のためではない作り手にとって
本当に必要なポイントを学ぶことができること、
お菓子屋さんとしての目線・意識を持つようになったこと

 そして何より勉強もお菓子の話題も楽しくできることです。
(T.Mさま)


分かりやすく噛み砕いて、
 重要な部分と私のお菓子作りに必要な部分を
重点に教えて下さるのでとても楽しく学べてます

(R.Mさま)


理論を知ると、同じ生地を作るにも、
気に入った状態に持っていくのに
ブレが少なくなった気がします。

(Y.Hさま)


理論が解ってくると、
失敗の原因も解るようになり、
どうすればよいか以前ほど迷わなくなりました

(A.Sさま)





ご相談・ご連絡はこちらから受け付けております!

詳細はホームページのカリキュラムページをご覧ください!
ホームページはこちらをクリック!