お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

‘安定している’ということ

f:id:bonbonciel1013:20201113195808j:image

今回のオンライン授業の中で

安定している商品て?....

なんて話題が出たのですが

f:id:bonbonciel1013:20201113195804j:image

「ちなみに私がSNSにアップしている画像は

毎回焼き上げるたびに撮ってるものですよ」

とちょっと自慢げに言ったら

「えっつ!!そうなんですか?

全部同じ写真使っているのだとばかり

思っていました」

「....それは、ちょっと心外だなぁ(笑)

おんなじに見えましたか。。。

f:id:bonbonciel1013:20201113195616j:image

でも、それが

'安定している'ってことです(笑)」
f:id:bonbonciel1013:20201113195613j:image
f:id:bonbonciel1013:20201113195812j:image

おんなじ写真を使い回している

と思われているのもちょっと残念なので

しつこいくらい

スコーン載せてます

ご了承ください(笑)

 

「先生が、自分の商品が安定してると

感じたのはいつ頃からなんですか?

やっぱり、ひとりで営業してからですか?」

 

「そうですねぇ....う〜ん、そうかもしれないかな。

お客さんはこのスコーンは私が作っているって知ってる

わけなので...ひとりでやってるわけだから。

以前の現場だったらスタッフの中の1人で

お客さんには誰が作ってるのかはわからない。

作るときの集中力の使い方は確実に違ってる。

スタッフの中の1人の時にいい加減にやっていたって

わけでは決してないけれど、

自分にかけるプレッシャーのかけ方が違いますね。」

 

「そうかぁ.......」

 

「ま、安定はしてくるよ(笑)

いっぱい作ってれば(笑笑笑)」

 

.......

結局は数かっ(笑)