お菓子の学習塾 そして小さな焼き菓子店「ボンボンシエル」

自分のオリジナルお菓子ブランドをつくりたい、第2の人生にお菓子屋さんをやりたい、というお客様の声を受けて、プロのスキルとして必須である「製菓理論」をわかりやすくまとめました。お菓子の味を安定させる技をぜひ習得してみてください!

あの人の作る'あれだけ'を目指して

私は

製菓理論の先生としての

活動と並行して

お菓子屋さんでも

あるので

お菓子を仕込んで焼く。

という事も

やっています。

ただ

最近は

ショップは休業して

スコーンの通信販売のみ

受付しています。

f:id:bonbonciel1013:20210315212203j:image

先日工房で

仕込み中

チャイムが鳴って

扉を開けてみたら

「今日はお店やってますか?」

と。。。

わざわざ足を

運んでくださって

大変申し訳ない気持ちで

いっぱい。

実は

お店の再開の事を

まったく考えないわけ

ではないんですけど。。。

ほんとに申し訳ない。

 

私は今

ひとりでお菓子屋さんを立ち上げたい

と考えている人や

自分レシピを確立したい

と考えている人

これから自分自身が楽しく過ごすために

お菓子を本格的にやりたい人

 

そんなお菓子人達に

教える事もたのしくて

なかなか時間の

バランスが取れない状態

 

なのでお店は

受注生産という形で

スコーン専門店化しています。

それもプレーンのみ(笑)

 

f:id:bonbonciel1013:20210315221549j:image

 

実はこの話も

けっこうする話なんですけど

私がお菓子屋さんとして

あこがれている最終形って

 

「あのババアは口は悪いけど

あの人の作る'あれだけ'は

最高にうまいよなーーー!」

 

って言われる'あれ'を

見つける事なんです。

 

最終的に

ひとつでいい。

 

息をするように作れて

お客様も美味しく

召し上がっていただけるもの。

 

で、最近

この'あれ'

っていうのは

もしかしたら

「スコーン」なのでは?

なんとなく思い始めています。

 

そんなアイテム

本当に憧れ

 

でも

口の悪いババアになるのは

ちょっと気をつけなくっちゃ(笑)